1. 橋本楓(中予精工)
金型の楽しさが
わかってきました

橋本楓さん(20歳)

株式会社 中予精工 平面研削2年目

製品とは様々な形状や大きさの部品を組み立てた物の集合体です。
その製作過程を見ている内に、金型の面白さに気付きました。
自分の加工した金型が製品を形作り、製品が褒められると次の仕事の活力になります。
ミクロン単位の寸法が求められる仕事なので、集中力に自身がある人はぜひ挑戦してみて欲しいです。

この先輩インタビューは
”2019年12月06日”現在の情報です。