1. 中田達也(摂陽明正)
器用さという
自分の得意を
活かせる仕事

中田達也さん(20歳)

摂陽明正 株式会社 愛媛工場製作課2年目

もともと、手先が器用だったので溶接など、細かい作業も得意でした。
自分の得意な分野で効率よく仕事ができることが楽しいです。
ものをつくるという作業は、デクスワークや接客業では味わえないような達成感があります。
難しい作業や新しい事にも、やりがいを持って取り組める仕事だと思います。

この先輩インタビューは
”2019年12月05日”現在の情報です。